先生なんて大嫌い 花井りん 鷹宮りょう

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

「イカせたい」という愛情、「アエがない」という拒絶。入学以来、学年トップの成績を誇る真面目でツンとした雰囲気をもつ生徒と、厳しい指導ながらも気さくな雰囲気をもつ女教師。ある個人補修の時間、意味深な言葉と表情で迫る女教師に対し、優等生のりんは突然の出来事に戸惑いながらも「拒絶という感情」を表すことができない。その日以来、女教師の歪んだ愛情の奴隷になりながらも、「カラダは許しても、ココロだけは屈したくない」と必死にアエギ声をも我慢し続け、快感に耐えて自我を保とうとする生徒。

ご注文はこちら:OS07667